カラコンの処方箋について

COLOCON NAVI
menu contents

オシャレなカラコンといえども処方箋は大事

日本人の瞳の色は欧米の人達と違って、ほとんどが同じ色です。
黒い瞳は紫外線に強い傾向があるので悪いことではありませんが、髪を染めるのと同じように色をちょっと変えて、他人と違ったファッションを楽しみたいと思っている方も多いことでしょう。
実際、カラコンはいろいろな色が揃っていて、着けてみると今までと違った自分になったような気がします。
その日の気分でカラコンを変えたり、洋服に合わせて変えてみたり、簡単便利でオシャレなファッションとして楽しめるアイテムです。
しかし、気をつけていただきたいのは、カラコンといえども医療機器ですから、医者の処方箋も貰わずに市販のものを買って、自分で勝手に使ってはいけません。
度がついていないのだから医者に診てもらう必要なないなどと考えて、安易に使って失明した例も少なくないのです。
せっかくおしゃれなファッションと思って使ったカラコンのために、失明という結末を迎えることほど悲惨なことはありません。

カラコンの処方箋について

カラコンを購入する場合に眼科で発行される処方箋には、目の丸みを表すベースカーブ(B.C)と度数、サイズ、カラコンの種類とカラーが記載されています。
データが同じであれ、カラコンの種類やカラーを勝手に変更することはできません。
眼科で記載された内容以外は無効です。
種類やカラーを変更したい場合は、面倒でも再度眼科に申し出る必要があります。
待ち時間や検査料金がかかるなどの理由で、眼科受診を避ける人も多く、目のトラブルが心配されています。
しかし、カラコンをずっと使用しており、定期的に眼科の診察を受けていて特に問題のない状態であれば、インターネットで処方箋不要で購入できるショップを利用するのもひとつの入手方法です。
基本的には、眼科で視力検査と診察を受け、処方箋を発行してもらい、コンタクトレンズ専門店で購入するという流れが一般的です。
しかし、残り枚数が少なかったり、破損や紛失してしまったにも関わらず、都合がつかず眼科に行けない場合もあります。
そんな場合には、インターネットでの購入は大変便利です。

recommend



最終更新日:2019/8/1


Copyright (C) 2015 COLOCON NAVI. All Rights Reserved.